テープタイプのアイプチはどれがよい?「オススメ」アイテープ6選!

アイプチの中にはテープタイプで、まぶたに貼り付けるだけで二重にできるアイテープというものがあります。

アイテープはたくさん販売されていますが、商品によって特徴もあり何を選んだらいいかわからなくなりますよね

「ほとんどバンソウコウみたいなものだし、バンソウコウをまぶたに貼ってる」という人もいるようです。

しかし優秀なアイテープは、粘着力やメイクのしやすさなどの点が違いますのでぜひチェックしてみてください。

そもそもアイテープとはどんなもので、使うときにどんな注意点があるのか。

取れにくいアイテープと珍しい特徴のあるアイテープも6つご紹介しますので、選ぶときの参考にしてくださいね。

【水や汗にも強い】粘着力の高いアイテープ3選!

アイテープをはじめとするアイプチは、粘着力が重要ポイントです。普段は問題なくても、水や汗で濡れると落ちてしまうのではないかと心配になりますよね。

強力で汗や水に強く、一日中安心してつけ続けられるアイテープを3つご紹介しましょう。

(1)一日中取れにくいアイテープ:ワンダーアイリッドテープ Extra

値段 1,000円前後
内容量 120枚

水や汗に強く、普段使いでもアクティブに動くときでも使えるアイテープです。

両面タイプのアイプチなので、まぶたをくっつけて使います。そのため目を閉じた時に引きつりやすいというデメリットも。

粘着力が強力なので、アイプチで二重にならない重たいまぶたでも二重にできたという口コミが見られました。

その分はがす時に注意が必要で、無理にはがすと痛いようです。水で濡らしたり、クレンジングを使ったりする必要がありますね。

(2)強力な医療用アイテープ:エタニティアイテープ

値段 1,200円前後
内容量 72枚

医療用の皮膚貼付用テープを使ったアイテープです。両面タイプで粘着力も高く、水や汗にも強いという特徴が。

まぶたのカーブに合うように伸縮性を持たせているので、キレイに二重のラインを作ることができますよ。

アイシャドウなどのアイメイクをすれば目立ちにくくなるので使いやすい、という口コミもありました。

(3)ファイバータイプのアイテープ:free fiver

値段 1,200円前後
内容量 60枚

これまで紹介したアイテープは医療用の透明なテープだったのですが、「free fiver」はファイバー材という素材でできています。

ファイバー材は手で伸ばしてやると、縮もうとする力が働きます。

そのためまぶたにファイバー材を伸ばして置くと、縮んで皮膚に食い込みます。

この力を利用してまぶたにくっきりした二重のラインを作るのが、ファイバータイプのアイテープなんですね。

まぶたをくっつけるわけではないので、より自然な二重のラインができますよ。

「別売の専用カッターがとても使いやすい」「何度もリピートしてる!」という口コミが多いアイテープです。

【目的に合わせて選ぶ】おすすめのアイテープ3選!

似た特徴を持っているアイテープが多い中で、ちょっと珍しい特徴のあるアイテープも。

MEMO
  • アイシャドウをキレイに見せたい
  • とにかく低価格重視
  • まぶたに優しい成分が含まれている方がいい

こんな希望があるなら、これからご紹介するアイテープを使ってみてはいかがでしょう。

(1)アイシャドウが自然に見えるアイテープ:シャドウオンアイテープ

値段 480円前後
内容量 30枚

まぶたに貼っても目立ちにくいベージュのアイテープで、片面に接着剤がついています。

まぶたをくっつけずに折り込むタイプなので、アイテープがそのまま見えてしまうのではという心配もありますよね。

その心配に応えるため「シャドウオンアイテープ」は、上からアイシャドウをしやすいように作られています。

アイテープによってはアイシャドウの粉が全く乗らず、その部分だけ浮いてしまうことがあります。

シャドウオンアイテープはテープの表面に細かい穴があいています。

そのため、アイシャドウの粉がしっかり入り込んで、アイテープが目立たず自然に見えるんです。

(2)低価格重視のアイテープ:のび~る アイテープ 絆創膏タイプ

値段 100円前後
内容量 86枚

とにかく低価格で失敗を気にせずどんどん使いたい人にオススメなのが、100円均一で販売されているアイテープです。

肌色の絆創膏タイプで、切らずにそのまま貼ることができます。

とにかく安くてボリュームたっぷりというのがメリットです。

ただし水に弱いため、汗をかくとベタついたり剥がれたりすることもあるので注意が必要です。

(3)美容成分が含まれているアイテープ:ヴィリリア セラムアイテープ

値段 950円前後
内容量 40枚

「ヴィリリア セラムアイテープ」はアイテープにしては珍しく、美容成分が配合されています

まぶたの保湿をしてくれるヒアルロン酸や、美肌効果やアンチエイジング効果のあるプラセンタ、抗酸化作用が期待できるローズヒップ抽出液が含まれていますよ。

テカりにくくマットな透明のテープで、片面タイプなのでまぶたをくっつけません。

二重のクセを作りながらまぶたのケアをできるところがポイントですね。

テープタイプのアイプチ「アイテープ」とは?どんな人におすすめ?

アイテープはどんな人におすすめできる商品なのでしょうか?

おすすめな人
  • ノリタイプだとうまく二重ができない人
  • 汗などをかきやすくノリが取れやすい人

一方注意しなければならないのが、アイテープには医療用テープを使ったものが多いです。他にも不織布という布に、粘着剤をつけたものもあります。

どんな商品であっても、アイテープは性質上どれも粘着剤が使われています。

そのため、利用を控えた方がいい人もいます。

おすすめできない人
  • 絶対にバレたくない人
  • アレルギー体質の人

テープタイプはノリタイプよりもアイプチをしていることがばれやすいです。

また、必ず粘着剤を利用しているのですが、何の粘着剤を使っているか公表していないものも多いため、アレルギー体質の人には向いていません

特に過去にバンソウコウなど医療用のテープで肌荒れしたことのある人は、アイテープの使用はやめておきましょう。

アイテープのやり方・使い方と注意点は?

アイテープを利用するのは非常に簡単です。

テープタイプの使い方
  1. 二重幅を決める
  2. プッシャーでラインを作る
  3. テープを貼る
  4. プッシャーでまぶたを食い込ませる

アイテープ利用で注意したい点!

アイテープを使ってまぶたが腫れた場合、アレルギーを起こしている可能性もありますが、アイテープを取る時に肌を痛めているだけのことも。

オフするときはクレンジングを使って、アイテープなじませてから取るようにしましょう。

その後、乳液などで保湿してまぶたをケアすることも、まぶたの皮膚を守るために重要です。

まぶたの皮膚が持っているバリア機能を壊してしまうと、ちょっとした刺激で腫れたりむくんだりしやすくなります。

そもそもまぶたの皮膚はとても薄く、刺激に弱いものです。しっかり保湿してバリア機能を保つようにしてください。

テープタイプのアイプチを選ぶ注意点!

おすすめのアイテープを紹介してきましたが、アイテープには粘着力が強い分、皮膚を傷めたりするリスクがあるのも事実です。

利用するにあたっては、自分の皮膚に合うか、刺激の強い成分が含まれていないかよく確認してから購入しましょう。

肌荒れが心配なら低刺激なアイプチを探した方が無難です。

参考:低刺激なアイプチランキング