安くてコスパ良いのが欲しい!家庭用脱毛器の選び方&おすすめ商品!

安い家庭用脱毛器

どうせ家庭用脱毛器を購入するなら安く購入したいと思いませんか?

でもちょっと待ってください!

本当に安いだけでよいの?

コスパを考慮した方がいいのか、安いだけでいいのか、家庭用脱毛器選びのポイントを解説します!

安い?orコスパ?家庭用脱毛器の選びのポイント!

安い家庭用脱毛器が欲しいのか、コスパが良い家庭用脱毛器が欲しいのかは似ているようで違います。

家庭用脱毛器は一度購入すれば永久に使えるわけではなく、カートリッジというもの毎に利用回数が決まっています。

カートリッジは付け替え可能なものもあれば、付け替えができないものもあるため、利用制限がある使い切りの家庭用脱毛器と付け替えて無限に利用できる家庭用脱毛器の2種類があります。

使い切り?無限に使える?家庭用脱毛器の比較!

使い切り(カートリッジ付け替え不可能) ・エピレタ
・センスエピ
・ノーノ―ヘア
無縁(カートリッジ付け替え可能) ・ケノン
・光エステ(パナソニック)
・ツーピーエス(2ps)
など

使いきりを購入して脱毛しきれない場合、もう一台本体ごと家庭用脱毛器を購入しなければなりません。

1回の購入で使える回数(照射回数)による違い!

使いきりかどうかでコストは変わってくる可能性があるのですが、それ以外にも使える回数が家庭用脱毛器によって違います。

照射回数という表現をされることが多いです。

同じ値段を出しても、使える回数が多ければ多いほど1回照射するコストは良くなることになります。

安い家庭用脱毛器とは?

これらのことを踏まえて、この記事では安い家庭用脱毛器を以下とします。

定義

  • 本体購入価格が単純に安い
  • 使いきりかどうか・照射回数は考慮しない

コスパの良い家庭用脱毛器とは?

安い家庭用脱毛器とは別に、コスパの良い家庭用脱毛器を以下のように定義します。

定義

  • 価格と照射回数を考慮
  • 使いきりは対象外

【安い!】家庭用脱毛器のにおすすめ商品はこれ!

エピレタ
エピレタ
エピレタは低価格ですが追加カートリッジが販売されていないため使い切りの商品です。

使い切りですが15万回の照射ができるため、特定部位だけの脱毛なら特に問題ないでしょう。

ただし全身の毛をすべて脱毛したいという要望の場合は、あまり適していない脱毛器です。

方式 光脱毛・フラッシュ
照射回数 15万回(追加カートリッジは販売していない)
照射面積 6.5㎠
評価
価格 39,800円

詳細を確認してみる

【コスパの良い!】家庭用脱毛器おすすめはこれ!

脱毛器ケノン
ケノン
ケノンは標準装備のカートリッジが100万回の照射可能で、さらに追加のカートリッジも購入時に無料で付属します。

100万回あれば全身の脱毛も安心して行えますし、万が一足りなくなっても1万円以下で追加カートリッジを購入することが可能です。

方式 光脱毛・フラッシュ
照射回数 100万回
照射面積 4.5㎠~9.25㎠
評価
価格 69,800円

詳細を確認してみる

安さ・コスパを考慮した価格面での家庭用脱毛器の比較一覧!

価格 1回の金額※
ケノン 69,800円 約0.07円
ツーピーエス 69,800円 約0.07円
エピレタ 39,800円 約0.26円
トリア 44,800円 約89.6円
レイボーテグランデ 116,400円 約0.58円
光エステ(パナソニック) 30,000円程度(オープン価格) 約0.15円

※製品価格÷照射可能回数で計算した数値

安さ?コスパ?どっちを重視すべきなのか?

安さとコスパのどちらを重視すべきなのか迷っているかもしれませんが、どっちが良いかは目的によって変わってきます。

安さを重視して家庭用脱毛器を選ぶのが向いている人!

  1. 脇だけなどの特定部位だけ脱毛できれば良い
  2. 後から脱毛したい箇所が増えたらその時考えればよいと思える
  3. 今すぐにお金をいっぱい払いたくない

安さを重視したい人は、脱毛したい部位が比較的少なめな人です。

買い切りとはいえ、15万回の照射ができるので、特定部位だけなら十分に脱毛できるので安さを重視してOKですね。

ただ、後から脱毛したくなる・・・ということもあると思うので、その時後悔しないといえる人だけにした方がよいでしょう。

安い脱毛器で脱毛してみる

コスパを重視して家庭用脱毛器を選ぶのが向いている人!

  1. 全身の脱毛をしたい
  2. 今は急いでるのは特定部位だけだけど将来的には分からない
  3. 脱毛しきれなくて後から追加料金払うのが嫌だ

全身の脱毛を行いたいと考えるならコスパの良い家庭用脱毛器の方がおすすめです。

また、今は全身じゃなくてもいいけど将来的にはもっと脱毛したくなるかも、という不安を持っているならコスパ重視の考え方でよいでしょう。

コスパを重視した方が比較的後から後悔することが少ないので、購入できるならケノンの方がおすすめです。

コスパの良い脱毛器で脱毛してみる